So-net無料ブログ作成
検索選択

読書日記 [読書]


一度は食べたい!隠れ愛されスイーツ珠玉の裏スペシャリテ100

一度は食べたい!隠れ愛されスイーツ珠玉の裏スペシャリテ100



どこの本屋さんにも売ってないもんでAmazonから取り寄せました。由紀子さんそんなにマイナーなのかなあ。年間100日モンプリュに通うという由紀子さんだけあって、さらりと書いてあるけど、相当深い本。有名店の中でもあの店が出ててこの店は出てないのはなぜとか考えながら読むとなかなかおもしろいです(我が家的に出してほしくない店がやはり出てないので、とっても趣味があいます)

Door to Door: The Magnificent, Maddening, Mysterious World of Transportation

Door to Door: The Magnificent, Maddening, Mysterious World of Transportation

  • 出版社/メーカー: Harper
  • 発売日: 2016/04/12
  • メディア: Kindle版


グローバル経済を支えているのはコンテナ船だけど、公海上を走るコンテナ船はどこの国の法的制約もなく、粗悪な燃料でCO2も出しまくりとか。

Rust: The Longest War

Rust: The Longest War

  • 作者: Jonathan Waldman
  • 出版社/メーカー: Simon & Schuster
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: ペーパーバック


猿の惑星に出てくる自由の女神、ニューヨークが消滅した後まであれが残ることありえない。銅でできてる女神は年にコンマ何ミリかずつ腐食しており、何千年も持たないはず。

世界の豆料理: 中東、アフリカ、米大陸、ヨーロッパ、アジアの郷土色あふれる120のレシピ

世界の豆料理: 中東、アフリカ、米大陸、ヨーロッパ、アジアの郷土色あふれる120のレシピ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 単行本


とても真似して作れるレシピ本じゃないけど、バスク編(ガルビュール)にコムアラメゾンの涌井シェフが執筆されてるので。


読書日記 [読書]


パンの世界 基本から最前線まで (講談社選書メチエ)

パンの世界 基本から最前線まで (講談社選書メチエ)



シニフィアン・シニフィエの人の本。日本のパン屋の9割は生地を作ってないとか。



Not One Shrine: Two Food Writers Devour Tokyo (English Edition)

Not One Shrine: Two Food Writers Devour Tokyo (English Edition)

  • 出版社/メーカー: Thunk Publications
  • 発売日: 2016/04/25
  • メディア: Kindle版


米国人一家、おいしい東京を食べ尽くすの人の最新刊。寿司屋に行くのに本マグロを食べることについて言い訳をするところがアメリカン。あちらではblue fin tunaをメニューに載せると袋叩きにあうらしいからね。日本人も少しは絶滅危惧種の心配をした方がよいのではね。



Cod: A Biography of the Fish that Changed the World

Cod: A Biography of the Fish that Changed the World

  • 出版社/メーカー: Penguin Books
  • 発売日: 1998/07/01
  • メディア: Kindle版


スペイン料理に出てくる塩ダラというのはバスクの漁師がカナダで塩漬けにして持ち帰ったのが始まりだとか。それもコロンブスより前に!ボルドーからガロンヌ川をさかのぼってはるばるアヴェロンまで塩ダラは船で運ばれたそうだが、その間船外にタラをくくって川水で塩抜きするとちょうとよい塩梅になったと。このタラも今は取れなくなってカナダでは禁漁。

The Dorito Effect [読書]




ご存じのとおり今やウシもブタもトウモロコシを食べさせて大きくしてるわけだけど、本当はそんなものは彼らは食べない。それを食べさせるための技術が香料技術。魔法の香料をふりかけるだけでアラ不思議、もしゃもしゃ食べてぐんぐん大きくなると。それで思い出すのはうちのワンコが以前食べてたドッグフード。あまりにもガツガツ食べるのでなんかおかしい、変なクスリ入ってんじゃないかと心配になってナチュラル系のフードに変えました(本当にナチュラルかどうかはわからんけどね)。それはともかく、この本がコワイのは、その先。アメリカ人があんなにブクブク太ったのはそんな前からじゃない、80年代からだそうで、その原因は謎とされていて、以前読んだ本には環境ホルモンだと書いてあったけどまさかね。この本によるとその原因は単純明快、家畜のために開発された香料技術が人間の食べ物(加工食品)に応用されるようになったからだと。そういわれると、やめられない・とまらない、袋をあけたら全部食べてしまうスナック菓子とかあるわんね。あれはそうだったのか。いやはや衝撃的、コワイ本だわん。

読書日記 [読書]


ラーメンの語られざる歴史

ラーメンの語られざる歴史



終戦直後、アメリカから援助(実は貸与)されたコムギを民間に格安で売りさばいて食糧難を乗り切り、かつ売り上げ金で米作奨励とは、さすが国家官僚は頭がいい。しかし実際に起こったことはラーメンの味に慣れた日本人はコムギを消費するようになり、米作はご存知の状態に。ラーメンは日本発の世界に誇る食べ物?しかし、テレビに登場するラーメンマイスターは原料輸入コムギであることを決して語らない。もともと進駐軍の狙いはアメリカ人好みの白パンを日本人に教えることでアメリカの余剰コムギの処理を図ったわけで、まあ目論見は外れたけど結局コムギが売れてるから結果オーライか。


The Tastemakers: Why We're Crazy for Cupcakes but Fed Up with Fondue

The Tastemakers: Why We're Crazy for Cupcakes but Fed Up with Fondue

  • 出版社/メーカー: PublicAffairs
  • 発売日: 2014/05/20
  • メディア: Kindle版


毎年次々と出てくる新しい食べ物の流行。田舎に住んでるとよくわからんけど、パンケーキはもうブームが終わったのかしらんね。次に日本で流行るのはチアシード?チポトレ?巨大企業は莫大なお金をかけてトレンドを探り、フードブログも調べてるとか。このブログも読んでくれてるのかしらん。

読書日記 [読書]


英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)



お好み焼きは絶対世界で流行る、というのは賛成するわん。


英国一家、フランスを食べる

英国一家、フランスを食べる

  • 作者: マイケル・ブース
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ギャグ満載の”米国人一家”の人と比べてずいぶん生真面目な人ね。フードライターになるには料理ができなくちゃ、とパリのコルドンブルーにせっせと通う、涙ぐましい努力家。グルメスポコン物語。コルドンブルーに世界から集まる人たちがどんな人なのか分かるのがおもしろい。

The Almost Nearly Perfect People: Behind the Myth of the Scandinavian Utopia

The Almost Nearly Perfect People: Behind the Myth of the Scandinavian Utopia

  • 出版社/メーカー: Vintage Digital
  • 発売日: 2014/02/06
  • メディア: Kindle版


これも同じ著者の本。残念ながら得意のグルメ蘊蓄は封印されてるけど、北欧5か国がイギリス人から見てもいかに遠い、変わった国かよくわかる。勉強になる本。

読書日記 [読書]


Three Squares: The Invention of the American Meal

Three Squares: The Invention of the American Meal



アメリカの食事は昔からああだったわけではない。開拓時代はテーブルすらない驚くべき慎ましい食事をしていた(パイ包みという料理は保存食だったというのは初めて知った)。それが19世紀末ギルデッドエイジに急激にアメリカ食はフレンチ化し、ランチなるものも”発明”された。もともと路上で移民が売っていたプレッツエルのようなスナック類はまともな人間の食べ物ではないとされていたが、清潔な工場で個包装されて売り出されたとたんにアメリカ人にとって無くてならないものになった。目からウロコの本。



From Hardtack to Homefries: An Uncommon History of American Cooks and Meals

From Hardtack to Homefries: An Uncommon History of American Cooks and Meals

  • 作者: Barbara Haber
  • 出版社/メーカー: Penguin Books
  • 発売日: 2003/05/27
  • メディア: ペーパーバック


ジャガイモ飢饉のアイルランドに単身飛び込むアメリカ人女性、健康食の元祖グラハム&ケロッグ博士とセンブスデーアドベンチスト教団の関係、ルーズベルト夫人の驚くべき味覚音痴ぶり。。。おもしろすぎる。


Empires of Food: Feast, Famine, and the Rise and Fall of Civilizations

Empires of Food: Feast, Famine, and the Rise and Fall of Civilizations

  • 作者: Evan D. G. Fraser
  • 出版社/メーカー: Counterpoint
  • 発売日: 2012/03/20
  • メディア: ペーパーバック


歴史上さまざまな食の帝国はすべて滅びた。。三峡ダムを見上げながら語る著者、なかなかシリアスね。

読書日記 [読書]


Catching Fire: How Cooking Made Us Human

Catching Fire: How Cooking Made Us Human



普通はチンパンジーが肉食を始めて人類になったと。この本の場合は火を使うことで澱粉質の植物を食べるようになって脳に糖分を補給可能になったと。いまだにアクア説を信じてる私的には萱・菱といった水辺の植物が澱粉豊富というのは興味深い指摘でありんす。


On Food and Cooking: The Science and Lore of the Kitchen

On Food and Cooking: The Science and Lore of the Kitchen

  • 出版社/メーカー: Scribner
  • 発売日: 2007/03/20
  • メディア: Kindle版


調理の化学、といった本はたくさんありますが、圧倒的なボリューム(とても読みきれない)とグルメな薀蓄満載という点でこの本はずば抜けております。

読書日記 [読書]




ロシアから飢餓を無くすため、一生かけて世界中の種子を収集したヴァヴィロフさん、最期はルイセンコに敗れて獄中で餓死するのね。かわいそうだわん。



Bad Food Britain: How A Nation Ruined Its Appetite

Bad Food Britain: How A Nation Ruined Its Appetite

  • 作者: Joanna Blythman
  • 出版社/メーカー: Fourth Estate Ltd
  • 発売日: 2006/06/05
  • メディア: ペーパーバック


イギリス料理がまずいといわれているのはイギリス人自身もよく知ってるそうで。ところが最近はイギリスはグルメの国になったと自己宣伝しているが、笑止千万である!とイギリス人自身が書いた本。この人が指摘するイギリス人が未だに味覚音痴である証拠:1.テレビでやたらグルメ番組が多い(自分で食べるかわりに他人に食べてもらいたいから),2.イタリアン→中華→フレンチのような国籍ごたまぜのコースを平気で食べる(何を食べていいかわからないから)、3.ヨーロッパ一レトルト・冷凍食品技術が進んでいることを自慢する(そういうものがおいしいと信じているから)。ふむふむと読みつつも、その多くは日本にもあてはまるから笑えない。

読書日記 [読書]


The Third Plate: Field Notes on the Future of Food

The Third Plate: Field Notes on the Future of Food



ペジョータ豚というのはドングリを食ってるというからてっきり森に住んでるのかと思ってました。アレは羊牧場にいるんだって。へー100点。食材と環境は切り離せないと教えてくれる本、おもしろすぎ。


American Catch: The Fight for Our Local Seafood

American Catch: The Fight for Our Local Seafood

  • 作者: Paul Greenberg
  • 出版社/メーカー: Penguin Books
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ペーパーバック


アラスカのシャケ、ルイジアナのエビ、アメリカでたくさん採れる海産物の大半をアジアに輸出し、かわりに自分たちが食べる海産物は輸入してるのは変だろうと。

Pretty Good Number One [読書]


Pretty Good Number One: An American Family Eats Tokyo

Pretty Good Number One: An American Family Eats Tokyo



"東京に比べるとシアトルはfood desertである”。美味しんぼを愛読し、山岡士郎の分身と自称するアメリカ人が一ヶ月東京で食べまくる本。もうすぐ日本語版が出るとか。
ほとんどがB級グルメなんだけど、伊勢丹にいったときの話がおもしろい。”トーキョーのデパ地下はボルヘスのバベルの図書館のようだ”。また、ピエール・エルメとサダハル・アオキが軒をつらねているのに仰天。気になったので調べてみたら、アメリカにはエルメもアオキもない(ラデュレはNYにある)。なんでこの人そんなにパリのパティスリーに詳しいのか。だいたい、目白のエーグルドゥースのケーキがおいしいとか、なぜアメリカ人が知ってる?この人相当できるわね。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。